2009年08月30日

著作権などについて

2009-0900-sgr000

【狭衣物語歌集−悠山人編】
1 著作権について
ブログ「狭衣物語歌集−悠山人編」(以下「このブログ」)を開設する悠山人は、
このブログにかんし、著作権法および seesaa規約に定める著作者であり、
かつ、その権利を有する者である。
また、権利の発生はこのブログの公開の日からとする。
連絡先 goo2049@mail.goo.ne.jp

2 依拠本について
鈴木一雄・校注、源頼国女・著(1)、『狭衣物語』上下二巻、新潮日本古典集成、1985年(上)、86年(下)。
 編注(1)最近のほぼ定説による。

3 書式について
 a採歌・表記について
 依拠本の原文に、短歌(和歌)として独立しているものを、物語の展開にしたがって採り、
 原作者が設定した人物を詠者として紹介する。詠者名の表記は、原則として依拠本による。
 短歌の表記は、依拠本に関わらず、上句・下句の二行書きとする。「ひらかな」については、「いろは四十八文字」の清濁に、漢字については、必要に応じて現用活字に、それぞれ改める。
  例 「かぎりとて別るゝ道の・・・」→「かぎりとて別るる道の・・・」
 b歌番号などの記号について(例示)
 狭衣物語歌集 001(全216歌の歌番序数。悠山人の付番)
 巻一 春 01(巻一での歌番・本歌・詠者)
    いかにせむ言はぬ色なる花なれば
    心のうちを知る人ぞなき  狭衣
 狭衣物語歌集 2009-0901-sgr001(悠山人ファイル番号)
 I01Shi1010(所載巻・歌番号・新潮版・上巻(1)ペイジ)
 短歌・歌番号について、新潮版に欠けて角川書店版『国歌大観』に載るものについては、本歌・番号とも『国歌大観』に拠る。
 余事、必要に応じて、書き加えることにする。

4 他作品とのリンクについて
 源氏物語歌集-悠山人編 http://blog.goo.ne.jp/goo1398/
 土佐日記歌集-悠山人編 http://seesaa2049c.seesaa.net/
 悠山人の新古今 http://blog.goo.ne.jp/goo2049
ラベル:狭衣物語歌集
posted by 悠山人 at 06:00| 著作権/依拠本/書式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。